ここから本文です

「2強対決」はどう買うか?東大ホースメンクラブが徹底分析

2019/12/5(木) 17:00配信

SPAIA AI競馬

今年2強で決着したGIはわずか1レース

今回のコラムのテーマは「2強対決」。今週のカペラSでは藤田菜七子騎手のJRA重賞初制覇がかかるコパノキッキングvs前走JBCレディスクラシック2着に好走したゴールドクイーン、日曜の2歳女王決定戦、阪神JFではアルテミスSを勝ったリアアメリアvs新潟2歳Sを豪快に差し切ったウーマンズハートと、今週の土日重賞は両方とも2頭が抜けた人気を集めそうだ。馬券の取捨の面ではどのように評価すれば良いのか。データを使って分析していこう。

二強対決の時に役立つデータ

今年のGIで「2強対決」とあおられたのは、現役最強馬アーモンドアイが出走した安田記念と天皇賞・秋だった。その他のレースでも事実上の「2強対決」となったケースが例年に比べ殊に多かった印象だ。上位2頭の人気が拮抗したレースを下に列記する。

1.フェブラリーS(1番人気インティ2.6倍・2番人気ゴールドドリーム3.0倍)
2.桜花賞(1番人気ダノンファンタジー2.8倍・2番人気グランアレグリア3.4倍)
3.天皇賞・春(1番人気フィエールマン2.8倍・2番人気エタリオウ3.3倍)
4.安田記念(1番人気アーモンドアイ1.7倍・2番人気ダノンプレミアム3.2倍)
5.スプリンターズS(1番人気ダノンスマッシュ2.8倍・2番人気タワーオブロンドン2.9倍)
6.天皇賞・秋(1番人気アーモンドアイ1.6倍・2番人気サートゥルナーリア3.4倍)
7.エリザベス女王杯(1番人気ラヴズオンリーユー2.5倍・2番人気クロノジェネシス3.5倍)

しかし、これらの7レースで1・2番人気がワンツーを決めたのは1のみ。2頭とも3着以内を確保したのも1、5の2例にとどまる。戦前の予想ほどすんなりと決着するのはむしろまれ、「両雄並び立たず」の結果が大半だった。

では「2強対決」に際してどのように買うと儲かるのか。過去5年のデータを使って分析する。 なお「2強対決」の定義は、上記7レース全てに該当する「2番人気の単勝オッズが3.5倍以内」とした。また、実際に2頭が抜けた人気を集めていなくとも条件を満たしやすい少頭数の場合を除くため、データ分析には12頭以上が出走したレースのみを使用する。

1/3ページ

最終更新:2019/12/5(木) 17:00
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事