ここから本文です

昨年の酒気帯び運転容疑で男逮捕 船橋東署

2019/12/5(木) 11:28配信

千葉日報オンライン

 千葉県警船橋東署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、市原市、無職の男(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月22日午前8時55分ごろ、船橋市前原東4の市道で、酒気帯び状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、男は当時介護サービス会社員で、軽乗用車でデイサービス利用者の送迎を担当。利用者宅に迎えに行った際、家族が酒の臭いに気付き「デイサービスの運転手が酒臭い」と110番通報。「酒を飲んで運転した」と当時は容疑を認めたが、その後に所在不明になっていた。同署員が居場所を突き止め、逮捕した。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

最終更新:2019/12/5(木) 11:28
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事