ここから本文です

子どもの習い事に関する疑問。他の家庭はどれくらいお金をかけているの?

2019/12/5(木) 12:15配信

ファイナンシャルフィールド

子どもの習い事に、みなさんどれぐらいお金をかけているのでしょうか?習い事は大きく分けて、家庭教師や塾等の「学校外の補助学習」と、その他のスポーツ、教養、芸術文化活動の「その他の学校外活動」に分けられます。

今回は「その他の学校外活動」を「習い事」として見ていきましょう。

子どもの習い事にみんなどれぐらいかけているの?

文部化科学省の平成28年度子供の学習費調査によりますと、「補助学習費」と「その他の学校外活動費」は下記のようになっています(※)。

これを見て、「多いなあ」と思われたり、「それほどではないな」と感じたり、人それぞれでしょう。ただ、親として、まだ小さいうちからいろいろなことをやらせたいと考える方は多いと思います。

習い事の費用は、習い始めの初心者、または初級者のうちは、それほどかかりませんが、中級者、さらに上級に進むほどかさんできます。

また、習い事の中には、直接かかる費用である月謝や図書費等のほか、間接的にユニフォーム・コスチュームや、遠征費等の費用も考えなければなりません。最も費用がかかる習い事のひとつに、フィギュアスケートがあります。上級者になると年間100万円以上必要と言われています。

とても成績が良くなっても、お金が回せなくなりやめざるを得なくなると、お子さんに挫折感が残ってしまします。そこで、将来も考慮した費用の総額によっても習い事を決める必要があります。

多くが受験にとって代わられる?

もう一度、上記の学習費調査を見てみると、習い事の費用が中学生、高校性にかけて減ってきているのが分かります。それは、「学校外補助学習費」、いわゆる塾や予備校、または家庭教師等にかかる費用が増えてくることによります。

これは、受験を意識してくる時点から増えてきます。中には、中学受験時から増えてくる家庭もあるでしょう。そのことにより、習い事へ影響がおよび、費用は習い事から受験へシフトしていることが分かります。

今までやっていた習い事は、中学校や高校の部活動へと変わり、この時期に終了することが多いようです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 12:15
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事