ここから本文です

降り続く雪 人々足早に 西和賀・湯田で45センチ【岩手】

2019/12/5(木) 9:16配信

岩手日日新聞社

 冬型の気圧配置となった影響で、4日の県南部は本格的な降雪となった。花巻市内では午後から強まり、道行く人の中には足早に目的地に向かう姿が目立った。

 盛岡地方気象台によると、午後3時現在の24時間降雪量は西和賀町湯田で45センチとなるなど県南部で降り続いた。

 このうち花巻市の中心部では断続的にほぼ終日降り続き、空を仰いで雪を直接感じる下校途中の小学生や、傘を差して先を急ぐ市民などが見られた。

 同気象台によると、5日も冬型の気圧配置が続くため県内は内陸部を中心に朝方までは雪の降る所が多い見込み。

最終更新:2019/12/5(木) 9:16
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事