ここから本文です

おでんに麻婆豆腐!「スープジャー」に入れるのがお気に入り!私の美味しい活用法

2019/12/5(木) 21:40配信

kufura

今の寒い季節はもちろん、暑い季節にも活躍してくれる「スープジャー」。入れた食べ物を温かい状態、もしくは冷たい状態に保ってくれるため、いつでもどこでも料理を美味しくいただくことができます。

スープジャーに入れるものというと、味噌汁やスープが一般的ですが、実は皆さんはほかにもいろいろな料理を入れている様子。今回『kufura』では、スープジャーを活用している女性116人に、「スープジャーに入れている味噌汁やスープ以外のお気に入り料理」を教えてもらいました。

ごはんもの:保温効果でリゾットやおかゆが食べごろに

「リゾットを入れておくと、食べるころにはごはんがちょうどいい感じに柔らかくなっていて美味しいです」(23歳/公務員)

「リゾットやおかゆなどは、保温効果で粘りが出て甘味も増すので、普段食べるときよりも美味しくいただけます」(43歳/その他)

「胃腸が悪いときや食欲がないときに、おかゆを入れて会社に持っていきます」(39歳/総務・人事・事務)

「孫と出かけるときに、離乳食のおかゆをスープジャーに入れて出かけます」(59歳/主婦)

「おじやを入れます。スープジャーがあると、いつでも温かい料理が食べられるのでうれしいです」(41歳/総務・人事・事務)

「親子丼を入れてお弁当に持っていったら、昼でも温かいままで美味しく食べられました」(31歳/営業・販売)

「牛丼を入れて持っていったら、温かくて美味しかったです」(15歳/学生・フリーター)

「冬に子どものスポーツの試合があるときなど、熱々のチャーハンを入れて持たせます」(34歳/主婦)

味噌汁やスープ以外に入れるもので、いちばん人気だったのはリゾットやおかゆ、丼ものなどのごはんもの。特にリゾットやおかゆは、スープジャーの保温効果によって、作りたてよりも数時間経って食べるほうがお米が柔らかく、甘味も増すなど、美味しさがグンとアップする様子。

スープジャーは毎日のお弁当はもちろん、離乳食が必要な子どもとお出かけするときにも重宝するようです。体の調子が悪くて食欲がないときに、スープジャーにおかゆを入れて持っていくというのもいいですね。

1/4ページ

最終更新:2019/12/5(木) 23:26
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事