ここから本文です

11月の国内景気、悪化が続く製造業が下押し材料に

2019/12/5(木) 16:02配信

帝国データバンク

帝国データバンクが実施した調査によると、2019年11月の景気DIは前月比0.3ポイント減の43.6となり2カ月連続で悪化した。

11月の国内景気は、自動車の販売量や産業機械の出荷量が減少したことを背景に、製造業で景況感の悪化が続き、関連する業種にもマイナスの影響を及ぼした。加えて、消費税率引き上げにともなう駆け込みの反動減が継続し、耐久財を中心に小売業などの景況感悪化につながった。民間設備や住宅への投資意欲減退も響いたほか、人件費や輸送費の高値推移が重くのしかかった。他方、災害復旧や防災・減災を目的とした公共工事の増加、日経平均株価の上昇と円安基調は好材料となった。

製造業は7カ月連続で悪化、景気DIが6年7カ月ぶりの30台に

業界別にみると、10業界中5業界が悪化、5業界が改善した。
なかでも『製造』は前月比0.7ポイント減の39.6と2008年9月以来11年2カ月ぶりに7カ月連続で悪化した。
世界的に自動車販売台数が減少するなか、自動車関連の輸出減少基調が続いたことで輸送用機械・器具製造が悪化した。また、工作機械受注の落ち込みにより機械製造も悪化し、関連する鉄鋼・非鉄・鉱業にもマイナスの影響を及ぼした。『製造』は12業種中8業種が悪化し、景気DIが6年7カ月ぶりに40を下回った。

地域別では、『北海道』『北陸』『東海』など10地域中7地域が悪化。海外経済の停滞や設備投資意欲の減退などが域内部品メーカーに影響したほか、資材価格の上昇や低調な住宅関連が景況感を押し下げた。

国内景気は、製造業の悪化が関連業種に波及するなか、消費税率引き上げの影響も続き、後退局面入りした可能性がある。

今後は下振れ材料多く、不透明感が一層強まる

今後の国内景気は、消費税率の引き上げなどを受けて落ち込んだ消費の行方に左右される。貿易摩擦の激化などを背景に世界経済が減速するなか、輸出の低迷に加え、先行き不透明感から設備投資意欲は減退すると予想される。さらに人手不足や原材料高などが招くコスト負担も引き続き悪材料となろう。米中貿易摩擦や日韓関係、世界的な金融緩和政策が及ぼす影響についても、動向を注視していく必要がある。一方で、公的支出が景気を下支えするほか、東京五輪に向けた消費マインドの高まりはプラス要因になると見込まれる。

今後の国内景気は、個人消費の動向や世界経済の減速などの懸念材料も多く、不透明感が一層強まっている。


TDB景気動向調査 調査概要
調査対象企業:2万3678社
有効回答企業:10046社、回答率42.4%
調査期間:2019年11月18日~30日
調査方法:インターネット調査

最終更新:2019/12/5(木) 16:02
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事