ここから本文です

米ハワイの米軍基地で海兵が発砲、2人死亡

2019/12/5(木) 13:02配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月5日 AFP】(更新)米ハワイ州オアフ(Oahu)島の真珠湾(Pearl Harbor)にある米軍基地で4日、発砲事件があり2人が死亡、1人が負傷した。米軍当局者がAFPに明らかにした。容疑者は米海軍兵士で、自殺したという。

 現場は基地南側の入り口近くにある海軍工廠(こうしょう)で、基地の報道官によると発砲があったのは午後2時半(日本時間5日午前9時半)ごろ。警備隊が対応に当たり、現場の施設は1時間以上にわたって封鎖された。容疑者の海兵は国防省の文官職員3人を撃った後、自らに銃口を向け、自殺したという。

 地元メディアは当初、撃たれた3人のうち2人が重体と伝えていた。米軍当局者によると、残る1人の容体は安定しているという。

 海軍当局が現在、動機の解明に向け捜査を行っている。

 現地メディアの取材に応じた目撃者によると、パソコンに向かって作業していた時に銃声が聞こえたので窓に駆け寄ると、3人が地面に横たわっているのが見えた。その後、米海軍の制服のようなものを身に着けた容疑者が自分の頭を撃ったという。

 真珠湾の米軍基地には、海軍と空軍が駐留している。

 映像前半は基地から出てきた複数の救急車。後半は2人の死亡を明らかにした米軍当局者。地元テレビ局KGMBが撮影・提供。(c)AFPBB News

最終更新:2019/12/5(木) 16:43
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事