ここから本文です

世界初の月面四足歩行ロボット「アサグモ」 国際ワークショップで公開

2019/12/5(木) 17:09配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

英国スタートアップ企業のスペースビットは、世界初の月面四足歩行ロボット「ASAGUMO(アサグモ)」の実用模型を、2019年12月5日~8日に東京と京都で開かれる国際ワークショップ「3rd International Moon Village& Symposium」で初公開します。

日本のことわざで福をもたらすとされる「朝の蜘蛛」から名付けられた「ASAGUMO」は、超小型人工衛星にクモの脚の様な四脚が備わっています。車輪や走行用ベルトは利用せず、クモの様に移動する事から、従来の探査機ではアクセスできなかった溶岩洞や凹凸のある地形の探査を得意とします。また、原動力は太陽光で「ASAGUMO」の上部に太陽光パネルが装着されています。重量は1.3kgほど。

なお、「ASAGUMO」は、NASAの「商業月面輸送サービス」プログラムの一環として、2021年に月面を探査する予定。将来的には宇宙船から大量の探査機を月面に輸送・配置し、収集データを地球へ送信することを計画しています。

sorae編集部

最終更新:2019/12/5(木) 17:09
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事