ここから本文です

ジャスティン・ティンバーレイク、浮気疑惑に声明を発表

2019/12/5(木) 22:41配信

ELLE ONLINE

先月、新作映画『Palmer(原題)』で共演中のアリーシャ・ウェインライトとバーで親密にしていたと報じられたジャスティン・ティンバーレイク。現地時間12月4日(水)にインスタグラムで声明を発表した。

「僕はできるだけゴシップから距離を置くようにしている。でも僕の愛する人たちを傷つけている最近の噂について説明することは、僕の家族のために大切だと思った」と綴っているジャスティン。「数週間前、僕は大きく判断を誤った。でも言わせて欲しい。僕と共演者の間には何もない。あの夜僕は飲み過ぎてしまい、今、自分の行動を深く反省している。もっときちんとわかっているべきだった。この行動は息子にお手本として見せたいものではない。素晴らしい妻と家族を恥ずかしい目に合わせてしまったことを謝りたい」と妻ジェシカ・ビール、息子のサイラスに謝罪している。

「僕はこれから自分として最高の夫や父になることに集中したい。今回の行動はそれにふさわしい行動ではない。『Palmer』に出演していることをとても誇りに思っている。この映画の撮影を続け、みんなに見てもらうのを楽しみにしている」。最後に映画の撮影はこのまま継続すると示唆している。

関係者は「アリーシャとジャスティンは友達」「共演者も一緒にバーに行っていた」と話していたけれど、2人がテーブルの下で手を握り合っていたという証言や写真も浮上し、浮気報道は過熱する一方だった。これで無事、鎮静化するのか今後の動きを見守りたい。

最終更新:2019/12/5(木) 22:41
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事