ここから本文です

侍ジャパン大学代表強化合宿で超韋駄天・五十幡 亮汰(中央大大)が提示した「打撃」という武器

2019/12/5(木) 19:32配信

高校野球ドットコム

 11月30日(土)から12月2日(月)まで愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた「侍ジャパン大学代表強化合宿」。50選手中37選手が2020年ドラフト対象選手となる3年生が占める中、24選手の参加が予定されている来年夏のハーレムベースボールウィーク出場選手選考と同時に「スカウト目線」から見ても注目の合宿となった。

【ギャラリー】侍ジャパン大学代表強化合宿初日の様子

 そこで「高校野球ドットコム」では6回シリーズで3年生たちを紹介。第2回は紅白戦出場29選手中唯一3試合全てで安打を放ち、通算でも6打数4安打1打点2得点1盗塁と文句なしの「強化合宿野手MVP」的パフォーマンスを示した中央大3年・五十幡 亮汰(いそばた りょうた・外野手・右投左打・172センチ67キロ・佐野日大<栃木>)を本人・周囲の話を交えながら紹介していく。

6年ぶり坊っちゃんスタジアムでうならせた走攻守

 「グラウンドに入った時『こんな感じだったな』と思い出しました」
 実は五十幡 亮汰にとって坊っちゃんスタジアムは初めての場所ではない。前回、彼がここを訪れたのは2013年11月の東京神宮リトルシニア時代、侍ジャパンU-15代表の一員として藤平 尚真投手、石原 彪捕手(いずれも東北楽天ゴールデンイーグルス)や、今合宿にも参加した古川 裕大(上武大3年・捕手)、鈴木 昭汰(法政大3年・投手)と共に参戦した「アジアチャレンジマッチ」である。

 当時は全国中学校体育大会100メートル走・200メートル走覇者として注目を集める中、大会ではリードオフマンとして12打数7安打1打点。陸上選手兼任ならではの走りで大きなインパクトを残した五十幡。あれから6年、負傷選手発生による追加招集とはいえ「中学の時から侍ジャパンはあこがれの存在だったし、大学3年の時から侍ジャパン大学代表に選ばれる選手になるために自分にプレッシャーをかけてきた」心技体の準備をグラウンド上で存分に表現した。

 紅白戦3試合で6打数4安打1打点1盗塁。ここでは50メートル手動測定5秒42に代表される走力に加え「肩も強いし初日の紅白戦での三塁打はインコースのスライダーをキレイにライト線にはじき返していた」守備・打撃面でもスカウト陣から高評価を得ることに。3年秋のシーズンでは40打数12安打9盗塁の打率.300で中央大の30季ぶり25度目の東都大学リーグ1部優勝に大きく貢献した実績が確かなことを証明したのであった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 19:32
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事