ここから本文です

黒部 園児たちがカード制作 「飲酒運転しないでね」/富山

2019/12/5(木) 19:52配信

チューリップテレビ

 忘年会などで飲酒運転への誘惑が増える時期を前に、黒部市では、園児たちがクリスマスツリーやカードを手作りして、交通安全を呼びかけました。

 これは、宴会などで増える年末に向けて、飲酒運転の根絶と安全運転を呼びかけるため、黒部警察署が企画したものです。
 黒部市の石田こども園の園児たちは、警察官から横断歩道の渡り方などを教わったあと、クリスマスツリーに標識や信号のカードを飾り付けました。
 子どもたちは、「飲酒運転根絶」と書かれた紙に、「よそみしないでね」、「シートベルトはちゃんとしめてね」など家族に贈るクリスマスカードを書き込み、交通事故防止を願いました。

 「お酒飲んだら運転しないでって書いた」(女の子)
 「(絵の意味は?)ながらスマホしないように」(男の子)
 「残念ながら飲酒運転0件とはなっていない」
 「子どもたちから家族の方にメッセージを送ってもらって。年末にかけての交通安全に努めていただきたい」(黒部署・八田俊寛交通課長)

 子どもたちが飾りつけたクリスマスツリーは、今月11日から始まる交通安全県民運動のシンボルとして黒部警察署に展示されます。

チューリップテレビ

最終更新:2019/12/5(木) 19:52
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事