ここから本文です

ベティス前監督キケ・セティエンがワトフォードの新監督候補に

2019/12/5(木) 19:10配信

SPORT.es

ワトフォードは、1日(日)のサウサンプトン戦に敗れた後、スペイン人監督キケ・サンチェス・フローレスを解任した。クラブは後任監督にキケ・セティエンの名前をリストアップしている。

セティエン、バルサ加入目前の愛弟子に太鼓判「アルバと良い争いをする」

その他にはロジャー・シュミット、クリス・ヒュートン、マーク・ヒューズ、サム・アラダイスらの名前もあがっている。
現在はU23の指揮官だったヘイデン・マリンズが暫定的にチームを引き継いでいる状態だ。

キケ・セティエンは昨夏、ベティスの監督を退いて以降、無所属となっている。
セティエンは現ベティスの監督ルビの後任としてベルディブランコに復帰する可能性も噂されていた。

しかし、ルビはバレンシア戦(2-1)とマジョルカ戦(1-2)でチームが2連勝を収めたことで、踏みとどまっている。

もしワトフォードのキケ・セティエン招聘が実現した場合、今シーズンの彼らのベンチには3人ものスペイン人監督が座るという奇妙な状況が発生する。
ワトフォードはハビ・グラシアと共にシーズンをスタートさせた後、キケ・サンチェスがその後任となった。

キケ・セティエンはこれまでスペイン国外での指導経験はないため、ワトフォードの監督に就任すれば、初めての国外挑戦となる。

SPORT

最終更新:2019/12/5(木) 19:10
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ