ここから本文です

子どもの学習意欲を高めたのは「文房具」だった…選び方のコツは3つだけ

2019/12/5(木) 11:45配信

LIMO

親にとって気がかりなことの1つ、それが「子どもの学習」ではないでしょうか。筆者にも子どもがいるので、子どもの学習意欲に関しては結構考えました。そんな中で、子どもの学習意欲を高めるアイテムを発見。それが「文房具」です。今回の記事では、子どもの学習意欲と文房具について紹介していきます。

小学生から中学生になる段階で使える文房具の幅が一気に広がる

高校生の息子は、小学生の時は本当にギリギリまで宿題をしない子でした。宿題が出ていることはわかっているので、忘れているわけではありません。宿題をする意欲がわかなかったのです。

でも、中学生になってからは宿題を自分からやるようになりました。親でさえ「え? どうしたの?」と思うくらいの変化でしたね。なぜそれほどまでに変わったのかを考えたとき、1つの要因が見えてきました。それが文房具です。

小学校の時には、鉛筆を使うのがルールだったのですが、中学生になるとシャーペンでもOKになります。またノートを使っていたのが、ルーズリーフになったり。

使えるアイテムの幅が一気に広がるので、息子はそこに楽しさを見出したのです。買ったばかりのシャーペンを使うために数学の問題を解く。ルーズリーフの書き心地を知るために英単語を書く。そうやって学習と文房具が1つになることで、知らない間に宿題をするようになっていきました。

文房具で気持ちを上げることができる

文房具が好きなのは息子だけではありません。中学生の娘も「文房具大好きっ子」です。同じ「文房具大好き」でも好みの違いがあって、持っている文房具は異なりますが、一方で共通点もあります。それは、お気に入りの文房具を使うと気持ちが上がって、やる気が出るということです。

これは実際に娘がそう言っていたので間違いないでしょう。新しい文房具を買った時でもその傾向はあって、いつもは勉強をしない時間に机に向かっていたりします。

そう考えると、文房具は子どもの学習意欲を高めるために、有効な手段なのではないかと思えてくるのです。「勉強しなさい」と言ったり、おだてたりすることもできますが、自分から積極的に学習してもらうためには、違う方法もあるというわけですね。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 11:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事