ここから本文です

「不倫」と「仲の良い友達」の境界線は?意見の相違で揉めた夫婦たち

2019/12/5(木) 20:10配信

LIMO

恋愛や結婚に対する考えは人によって千差万別。不倫に対しても同様に、「これは不倫だ」「いや、セーフだ」と意見が分かれる夫婦も珍しくないようです。そこで今回は、明確な決まりのない「不倫」の判断基準や、その考えが合わずに揉めた夫婦の事例を見てきましょう。

「不倫」と「仲の良い友達」の違いは?

誰だって、異性の同僚や友達がいてもおかしくはありません。しかし、あまりに親密な関係だと「不倫」と捉えられるケースも。一体どの段階で、不倫関係にあると考えることができるのでしょうか。男女それぞれに、その基準を聞いてみました。

【男性の意見】
・「体の関係があるかどうかだと思います。それまでなら不倫といえないのでは」
・「食事やデートぐらいなら、仲の良い友達といえるはず。手を繋ぐぐらいはセーフかな」
・「たとえ片思いでも、本気で好きになってしまったらダメですね」

【女性側の意見】
・「女性と2人で行動している時点で不倫と見なします」
・「仕事関係は仕方ありませんが、プライベートで女性と連絡を取り合うのは許せません」
・「手を繋ぐ、キスをするといった行為だけでも離婚します。それって、普通の関係ではまずありえないことですから」

職場で不倫…「仕事仲間」と言い張るケースも

こうみると、男女だけでなく同性同士でも意見が分かれているようです。とくに職場では、女性と2人きりになる場面も多いもの。不倫だと詰め寄ったら「仕事仲間だ」と否定されてしまった…という人も少なくありません。

・「夫が何度も女性と連絡を取り、2人きりで飲みに行っていることが発覚しました。私は不倫だと捉えたのですが、夫は『仕事の相談をしていただけ』と言い張ります。私としては、2人で約束をして会う時点で理解できないのですが…」

・「夫が職場の女性にアプローチしているLINEのやりとりを、偶然目撃してしまいました。やんわりと断られている様子でしたが、アプローチしたこと自体が納得できません。夫は『未遂だ』と言っていますが、これも不倫なのでは?」

・「妻が職場の後輩の男性のことを気に入っているようで、ちょこちょこ連絡を取り合っています。本人は『片思いだから』と笑っていますが、僕にとっては不愉快な状態。精神的な浮気をしているようなものだと思います」

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 20:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事