ここから本文です

北海道から沖縄まで人気麺が集結、万博記念公園でラーメンEXPO

2019/12/5(木) 12:00配信

Lmaga.jp

全国の人気ラーメン店40店が集結するイベント『ラーメンEXPO』が今年も開催。12月6日からの金・土・日曜を中心に計15日間、「万博記念公園」(大阪府吹田市)のお祭り広場にて開催される。

【写真】ラーメンとの相性も良い、焼き鯖串や餃子も登場

北海道の毛蟹入り味噌ラーメン(札幌みその)や、ジャガイモベースのとろっとした味噌ラーメン(inEZO)、東京の真鯛塩そば(鯛塩そば灯花~真鯛の陣~)など、まさに全国から個性的な麺が一堂に集まる同イベント。ラーメン評論家・大崎裕史が厳選した店に加え、人気店同士のコラボ麺も登場する。

合計15日間を4幕に分け、各幕で10店舗ずつが入れ替わりながら出店。来場者は、会場で全店共通のラーメン券(1杯700円、2杯セット券1300円)を購入し、各店でラーメンをテイクアウトする。実店舗よりも小さいサイズで提供されるため、いくつかの店を巡り、食べ比べが楽しめるはずだ。

また、12月6日から8日までの第1幕には、昨年人気を博したスピンオフイベント『さばEXPO』も開催。焼き鯖寿司や伝統保存食「さばのへしこ」などが味わえる。さらに第1幕から4幕を通して、ラーメンとの相性も抜群の『ギョーザEXPO』が開催。1皿500円で、多彩な餃子が楽しめる。

第1幕は12月6日から8日、第2幕が13日から15日、第3幕が20日から22日、第4幕が24日から29日。入場は無料だが、別途公園入園料(大人260円、小・中学生80円)が必要。

最終更新:2019/12/5(木) 12:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事