ここから本文です

システム開発、ベンダーロックインを回避せよ──BSIAが研究会

2019/12/5(木) 15:30配信

BCN

 BSIA(Business System Initiative Association=ビジネスシステムイニシアティブ協会)は11月27日、第97回研究会を都内で開催した。講師に佐川急便などのシステムを担当するSGシステムの谷口友彦社長を迎え、「SGホールディングスグループにおけるIT戦略の歩みと今後の展望」と題し参加者も交え活発な議論が交わされた。



 谷口社長は、ITコンサルティング会社のフューチャーを経て16年に現職。19年から、SGホールディングスの執行役員IT戦略担当、および佐川急便の取締役も兼任している。SGホールディングスグループは、デリバリー事業の佐川急便を筆頭に、ロジスティクス事業、不動産事業のほか、さまざまな事業を展開しているが、SGシステムはグループのシステム開発・保守・運用を一手に引き受ける。
 

 SGホールディングスグループがレガシーシステムの刷新に着手したのが05年。オープン系システムの共通プラットフォーム化などを通じ、ITコストを大幅に削減した。現在は、そのプラットフォームに加えて、AI、IoT、ロボティクスといった新たなテクノロジーを活用してさらなる業務の効率化・省力化に取り組んでいる現状を紹介した。また、「2025年の崖問題は既に解決済み」と話し、その先にあるITを武器にした新たな戦略展開についても語った。
 

 「企業情報システムのユーザー自身が自らのビジネスの本質を考え、情報システム開発の主体性を取り戻そう」という思いを込めて設立されたBSIA。毎月開く「研究会」が中心的な活動だ。情報システムの第一線で活躍するユーザー企業の当事者が、システム構築のノウハウやITベンダーとのパートナーシップのあり方を語る。一方通行の「講演会」にとどまらず、研究会後半で深い視点での議論が出席者と交わされるのが特徴だ。

 次回は12月17日、ビズリーチの竹内真取締役CPO兼CTOを招いて研究会を開催する。NPO法人として運営しているBSIAは、法人・個人合わせて1600を超える会員を擁し活発に活動している。来年3月には、研究会が100回の節目を迎える。(BCN・道越一郎)

最終更新:2019/12/5(木) 15:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事