ここから本文です

アーセナル、1月にエンケティアをリコールか 今季リーズで先発2回で5発

2019/12/5(木) 14:22配信

超WORLDサッカー!

アーセナルが、リーズ・ユナイテッドに貸し出しているU-21イングランド代表FWエディ・エンケティア(20)の呼び戻しを検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2015年にチェルシーアカデミーからアーセナルのアカデミーに加入したエンケティアは、2017年9月に行われたヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦でトップチームデビュー。 さらに、同10月に行われたEFLカップ(カラバオカップ)のノリッジ戦では投入直後に初ゴールを記録し貴重な同点ゴールを奪うと、延長戦でも決勝点を挙げる圧巻の活躍を披露。一躍ガナーズファンの注目を集めた。

今季はマルセロ・ビエルサ監督率いるチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズで武者修行。なかなか出番が与えられない中で、ここまで先発わずか2回で5ゴール1アシストを記録している。

現在、チームの暫定監督を務めているフレドリック・ユングベリ氏は、昨季はU-23チームで同選手を指導。レンタル先で出場時間を延ばせない愛弟子を「彼は素晴らしい選手だから現状については少し残念に思うよ。だが、彼はひとたびチャンスを与えればゴールを決める、そんな選手だ」と高く評価している。

リーグ戦第15節を終えて10位に低迷しているアーセナルは、10得点のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが最多得点者。だが、それに続くのはフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの4ゴールと、上位チームと比べると得点力不足は否めない。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/5(木) 14:22
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事