ここから本文です

2020年始動のスーパーフォーミュラ・ライツ、チャンピオンはSFルーキーテストへの参加決定

2019/12/5(木) 8:22配信

オートスポーツweb

 全日本フォーミュラスリー協会は12月4日、2020年よりスタートする全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)のチャンピオンに対し、全日本スーパーフォーミュラ選手権ルーキーテストへの参加賞典を設けることを発表した。

【写真】全日本F3選手権の2019年のチャンピオンを獲得したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)

 41年の歴史を持つ全日本F3選手権は2019年シーズンを持って終了となり、2020年からはスーパーフォーミュラ・ライツとして、全日本F3時代と変わらず“トップドライバーへの登竜門”という役割を担うことになる。

 スーパーフォーミュラ・ライツはスーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーションとの連携を推し進め、ルーキーテスト参加という賞典を創設した。近年では海外から実力のあるドライバーがスーパーフォーミュラに参戦しており、シリーズのレベルも高まっていることから、若手ドライバーのステップアップに向けて良いチャンスとなることだろう。

 すでに2020年のスーパーフォーミュラ・ライツの日程は確定しており、全6大会16ラウンドで争われる予定だ。なおテストの日程や走行時間、参加チームなどの詳細については、決まり次第発表されるという。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/5(木) 8:22
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事