ここから本文です

西武外崎が倍増の1.4億円で契約更改 球団では今オフ5人目の1億超え!

2019/12/5(木) 14:45配信

Full-Count

今季二塁手として活躍、26本塁打&90打点で優勝に貢献した

 西武の外崎修汰内野手が4日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い倍増の年俸1億4000万円でサインした(金額は推定)。球団でこのオフに1億円超えを果たした選手は平井、源田、金子侑、森に続いて5人目となった。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 外崎は今季、浅村栄斗内野手が楽天へFA移籍したことに伴い、二塁手として出場。143試合に出場し、打率.274、26本塁打、90打点の活躍で西武のリーグ2連覇に大きく貢献した。また野球日本代表「侍ジャパン」の一員として11月の「プレミア12」制覇にも貢献した。

 外崎は「十分評価してもらった。『野手に助けられて2年連続優勝できた。その中で1シーズン全試合出てくれた』と評価された」と話した。さらに「最終的な結果だけみたらよかったと思えるシーズン。最初の方は思うように結果が出なかった。なんとかしないといけなかった」と今季を振り返った。

 二塁手して活躍したことについては「エラー王(パ最多の15失策)というタイトルももらって……。来年はしっかり改善したい」とし、「3連覇が1番大きな目標。個人的には全てにおいてキャリアハイ」と来季の目標を掲げた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:2019/12/5(木) 17:25
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事