ここから本文です

「しんどすぎて色相が曇った」シリアス展開の 『PSYCHO-PASS サイコパス 3』 第6話、ネット上の反応は?

2019/12/5(木) 21:00配信

ねとらぼ

 今週も「PSYCHO-PASS サイコパス 3」最新話放送直前、前回の内容と感想をお届けします。

【ツイートまとめ】イケメンすぎる炯・ミハイル・イグナトフ

●「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話(11/29放送)のあらすじ

 連続爆破テロの手掛かりを得るため、公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉への潜入捜査を開始した炯と如月。一方、灼たちは、テレーザ陵駕と久利須が共同保有していた貸し倉庫を調査し、残る痕跡から爆弾人間があと三人いる事を突き止める。

 だが糸口をつかんだと思ったその矢先、ニュータウン工場地帯で第三の自爆テロが発生。重要参考人であるアウマ上人が死亡する。アウマは売春組織から逃げ出した入国者たちをかばって犠牲となったが、彼らがいた倉庫の奥には銃の部品パーツを作る工場が隠されていた。

 強制売春の被害者を助けながら密売をおこなっていたことに違和感を覚えた灼たちは、銃の流通ルートを調べ始める。そのころ炯と如月は教祖代行であるトーリが爆破事件に関与した証拠にたどり着くが、トーリに潜入捜査を見破られ拘束の身となる──。 (『PSYCHO-PASS 3』公式サイトより)

●第6話最大の盛り上がりポイントは終盤01:50頃

 第6話で最も盛り上がったのはストーリー終盤の01:50頃。ヘブンズリープの教祖代行・トーリに拘束され拷問を受ける炯や、教団施設内で起こる第4の爆破、そしてヘブンズリープの信者たちに連れ去られる舞子など、残り10分頃から立て続けに緊迫したシーンが。怒涛の展開にTwitterでは「色相」「!!!」「ヤバ」「無茶」といったワードが多くみられ、視聴者の緊張感や不安が一気に高まったのがわかります。

●炯の拷問シーンに注目が

 第6話では、いつも以上に炯のイケメンっぷりに注目があつまりました。とくに教祖代行・トーリに拘束され拷問を受けるシーンでは、「辛くて見てられなかった」という声もあった一方で、スーツがはだけて意識が朦朧とする炯を「セクシーだ」とする声も。またこの拷問シーンを受けて、劇場版で狡噛が受けた拷問(これも上半身裸)を思い出した人も少なくないようです。

 さらに後半では灼・炯・舞子の若かりし頃の回想シーンが。若い炯の髪色は明るく、髪の毛を黒に染めていたことが明らかになります。これには「炯、金髪だったの?」や「金髪イグナトフ!!!」など炯のかっこよさを評価するコメントが多数。彼の安否が気になりつつも、イケメン・イグナトフに心を鷲掴みにされたファンが多くみられました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/5(木) 21:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事