ここから本文です

関口メンディーに“胸キュン”続出…匂わせ行為にも注目集まる「モトカレマニア」8話

2019/12/6(金) 0:25配信

cinemacafe.net

新木優子、高良健吾のW主演に浜野謙太、山口紗弥加、田中みな実らも共演しておくるラブストーリー「モトカレマニア」の8話が12月5日放送。矢田亜希子演じる桃香の“匂わせ”と、関口メンディー演じる白井の“空振り”に視聴者の反応が集中している。

【写真】「モトカレマニア」第8話

元カレが忘れられず幸せだった過去の恋の時間に浸って生きる“モトカレマニア”だったが、その元カレ・マコチと再就職先で再会。紆余曲折を経て再び付き合うことになった難波ユリカに新木さん。

ユリカの元カレで現在は不動産屋勤務。顧客だった作家の丸の内さくらと一緒に暮らしていたが、ユリカと再会し再び付き合うことになるマコチこと斉藤真に高良さん。

ユリカが物件を仲介したことで親しくなり告白される山下章生に浜野謙太。山下が北海道に住んでいた頃交際していた“元カノ”のラジオパーソナリティ・来栖むぎに田中みな実。山下に恋する同僚の加賀千鶴に趣里。ユリカの愛読する小説の作家、丸の内さくらに山口紗弥加といったキャストが出演する本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
同居をはじめたユリカとマコチだが、マコチは自分に自信がなく不安、ユリカもマコチを再び失いたくない一心でお互い遠慮し合う関係を続ける。マコチから「ふたりのこれからのことを真剣に考えよう」と言われ、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるユリカ。


そんな折、以前旅先で出会った草木染め作家・桃香(矢田亜希子)が、勤務先の不動産屋に別れた夫と住んでいた家を売りたいと訪ねて来て、マコチが担当することになり、マコチと桃香の距離が近づいていく。さらに桃香はマコチが写り込んだ“匂わせ画像”をSNSに投稿。ユリカを不安に陥れる…というのが今回のストーリー。

桃香の“匂わせ”に視聴者からは「匂わせはひどすぎるっ」「もしあたしが匂わせされたら発狂しちゃう」など怒りの声が上がる。


しかし桃香が“匂わせ”でメッセージを送っていたのは、ユリカではなく別れた元夫で、ユリカが誤解していることがラストで明示されると視聴者からは「そういう事だったのね」と安堵の声も。

一方、関口さん演じる白井とさくらが急接近、デートすることに。バッティングセンターで“空振り”、その様子を笑うさくらに「今、ちょっとかわいいと思いましたね」と話す白井に「メンディにキュンって来てしまった」「メンさーーーーーん!!!!可愛すぎ」などの反応多数。


次回はいよいよ最終回、ユリカとマコチの恋の行方だけでなく、白井とさくらの新カップルの動向にも注目が集まりそうだ。

最終更新:2019/12/6(金) 0:25
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事