ここから本文です

【K-1 KRUSH】初防衛戦のレオナ・ペタス、山本直樹は「ベルトを背負える選手じゃない」

2019/12/6(金) 6:42配信

イーファイト

 12月15日(日)東京・後楽園ホールで行われる『K-1 KRUSH FIGHT.109』の「K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R」で、山本直樹(29=優弥道場)を迎えて初防衛戦を行う、第9代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・レオナ・ペタス(27=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】レオナが闘病中の母にベルトを捧げて王座戴冠

 レオナは弟の虎於奈と共にK-1 JAPANグループで活躍するファイター。“石の拳”と呼ばれるほどの強烈なパンチを武器に、国内外の強豪選手を次々と撃破。今年6月のK-1両国大会では世界トーナメント準優勝の小宮山工介を左ストレートでKO勝利。前回9月のK-1 KRUSHではスーパー・フェザー級王者の西京佑馬を判定で下してタイトルを獲得し、今回が初防衛戦だ。

 前回のタイトルマッチで念願のタイトルを獲得して「当たり前ですけど家に帰るとKRUSHのベルトがあるんです。それを見る度にあの日頑張って良かったなって思います。試合が終わった次の日も夢かなと思って起きて、ベルトがあるのを確認して『あっ、現実だ。良かったな』って。そのぐらい嬉しかったです」と喜びを感じている。

 9月のタイトルマッチが終わって次戦の時期については「自分としてはオファーがあればいつでもやるつもりでしたね」といつでも戦う覚悟はできていたという。レオナはスーパー・フェザー級のトップ選手を根こそぎ倒しているので「(挑戦者は)誰だろうなって感じでした」と予想がついていなかったと語る。

 その中で山本が対戦相手となって「ナメてるわけじゃないですけど、勝ったり負けたりの選手には負けないですよ。戦績を見てもらえば分かりますけど、僕がどれだけ苦労してこのベルトを獲ったのかって話で。ベルトへの想いも何もかも全く違うと思います」と覚悟が違うと言い放つ。

 さらに「チャンピオンに挑むんだったらKOで勝ってこそチャンピオンだろって。KOで勝つ気持ちで戦ってこそベルトを背負う覚悟があるんだなと思いますけど、コメントだけ聞いていると手数で勝つとかそんな感じだったんで。まだ山本選手はベルトを背負える選手じゃないと感じました」と器が違うという。

「色んな選手がベルトを獲りたいとか自分とやりたいとか言ってますけど、そういうことを誰にも言わせたくない。そのくらいの試合を見せたいですね。僕がこのままずっとKRUSHのベルトを持ち続けますよ」とベルトに寄せ付けないほどの実力を証明すると宣言した。

 レオナが目指す先には来年3月のK-1年間最大のビッグマッチ『K’FESTA.3』がある。「僕からすると上だとは思ってないんですけど、見ている人たちからすると僕より上にいると思われている選手たちがK-1にはいると思うんで。そいつらを狩りに行こうかなと思ってます」とK-1で活躍している選手を倒しにいくと今後の展望も述べた。

最終更新:2019/12/6(金) 6:42
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事