ここから本文です

ニュースワード「米大統領弾劾」

2019/12/6(金) 6:36配信

時事通信

 米大統領弾劾 米国憲法は、現職の大統領が「反逆、収賄、その他の重罪や軽罪」を犯した場合、議会での弾劾手続きを通じて罷免できると定めている。大統領は下院過半数の賛成で一般の刑事裁判の起訴に当たる弾劾訴追され、上院で弾劾裁判が開かれる。裁判で上院議員の3分の2以上が「有罪」と認定すれば、大統領は罷免される。
 米国では1868年にアンドルー・ジョンソン大統領、1999年にクリントン大統領がそれぞれ弾劾裁判にかけられたが、いずれも上院で「無罪」となった。「ウォーターゲート事件」の責任を問われたニクソン大統領は74年、下院での弾劾訴追が確実になった時点で辞任した。(時事)

最終更新:2019/12/6(金) 6:45
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事