ここから本文です

ニック・ファジーカスが語る、Bリーグオールスター@北海道「僕のスターはMJ」

2019/12/6(金) 7:35配信

バスケット・カウント

「雪まつりに家族を連れて行ってみたい」

取材=鈴木栄一 写真=B.LEAGUE

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.WHITE』のニック・ファジーカスに、北海道の好きなところ、自身にとっての『スター選手』とは何かを聞いた。オールスターについて「毎回楽しみ」と語るファジーカスは、3ポイントシュートコンテストで結果を出したいと意気込んだ。



オールスターはいつも楽しんでプレーさせてもらっている。3ポイントシュートコンテストは2回目の出場になるので、今回は良い成績を残したいね。

北海道と言えば体験したいのが雪まつりだ。写真でしか見たことがないけど、すごく面白そうだよね。子供たちも楽しめるだろうし、僕も行ったら楽しめると思う。雪なのに色が鮮やかなところが良いね。今回もオールスターが北海道と決まった時に「雪まつりに行けるかも!?」と思ったんだけど、残念ながら同じタイミングではなかった。いずれ機会を見つけて、家族で行ってみたい。

北海道の思い出は、前にも話した『大五郎』の話を覚えているかい?  もう二度とああいう失敗はしないようにしないと(来日1年目の北海道合宿で、喉が渇いたためコンビニで大きなペットボトルの水を買ったつもりのニックだったが、バスに戻るとチームメートが大笑い。彼が買ったのは焼酎4L入りのペットボトルだった、という話)。

僕にとってのスターはマイケル・ジョーダンだ。それこそ、NBAオールスターのダンクコンテストではジョーダンの出番を楽しみにしていたよ。ケビン・ガーネット、ビンス・カーターもそうだったし、大人になってからはダーク・ノビツキーに注目していたけど、やっぱり僕にとってのスターと言えばジョーダンしかいない。

バスケット・カウント

最終更新:2019/12/6(金) 7:35
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事