ここから本文です

フェルスタッペンは2021年以降もレッドブル・ホンダのドライバー? ホーナー代表、自信を見せる

2019/12/6(金) 8:00配信

motorsport.com 日本版

 2019年シーズンはコンストラクターズランキング3位で終えたレッドブル・ホンダ。同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、今季3勝を挙げ、ドライバーズランキングでも3位になったマックス・フェルスタッペンについて、2021年以降もチームに残ってくれるだろうと考えているようだ。

【動画】あの感動をもう一度……DAZN 2019年F1シーズンハイライト

 2020年のF1を戦うドライバーのラインアップは、2019年とほぼ同様。ルノーの1台、そしてウイリアムズの1台以外は全て、今季と同じラインアップだ。しかし同年限りでトップチームも含め多くのドライバーの契約が切れることになり、2021年のグリッドに並ぶ顔ぶれは、大シャッフルされる可能性もある。

 そんな中で注目を集めるのが、メルセデスのルイス・ハミルトンだ。今季6度目のタイトルを獲得したハミルトンは、フェラーリとコンタクトを取っていると報じられている。また、2020年限りで引退するという話もまことしやかに囁かれている。メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、ハミルトンがチームに残る可能性は「75%にすぎない」と語るほどだ。

 もしハミルトンが本当にメルセデスを離れることになった場合、その後任候補になると見られているのがフェルスタッペンである。ウルフ代表もF3時代からフェルスタッペンに注目しており、フェルスタッペン側もタイトルを狙える体制を求め、移籍に可能性を見出すということもあるかもしれない。

 ただレッドブルのホーナー代表は、2021年以降もフェルスタッペンがチームに残ることを確信している。

「来年の終わりには、全てのトップドライバーたちの契約が満了するだろうと思う」

 そうホーナー代表は語った。

「でも彼(フェルスタッペン)はこのチームで満足していると思う」

「我々は、彼にチームにいて欲しいと思っている。彼は、ここによく合っているんだ。来年彼に競争力のあるマシンを提供できるかどうか、それは我々次第だ。しかし最終的に全てのドライバーが今と同じ場所に留まったとしても、驚くことはないだろう」

 ラインアップが2021年も変わらないことを、なぜそこまで確信できるのか? そう尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「(シャルル)ルクレールはフェラーリとの契約下にあると思う。そしてルイスは今置かれている環境にかなり満足しているはずだ。そしてマックスも同様に現在の環境に満足している」

「もし来年、彼らがそれぞれ競争力のあるマシンに乗っていたとしたならば、なぜ変わる必要、動く必要があるのだろうか?」

Adam Cooper

最終更新:2019/12/6(金) 8:00
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事