ここから本文です

新たな「人間失格」、アニメーションだからこそなし得た境地!

2019/12/6(金) 17:00配信

ニッポン放送

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第736回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、全国公開中の『HUMAN LOST 人間失格』を掘り起こします。

太宰治の傑作小説「人間失格」を大胆にアレンジした、SFダークヒーローアクション

昭和111年、東京。人々は医療の革命的な発達により、病とは無縁で、傷の手当ても必要としない、死を克服した生活を送っていた。

大気汚染と貧困の広がる環状16号線外に位置する“アウトサイド”で、薬物に溺れ怠惰に暮らす大庭葉蔵は、ある日、暴走集団とともに特権階級が住む環状7号線内“インサイド”へ突貫し、激しい闘争に巻き込まれる。

そこで“ロスト体”と呼ばれる異形体に遭遇した葉蔵は、不思議な力を持った女性・柊美子に命を救われ、さらに自身も人とは違う力を持っていることを知る。

暴走集団に薬をばらまきロスト体を生み出していたのは、葉蔵や美子と同じ力を持つ男・堀木正雄だった。正雄は言う。「進みすぎた社会システムに、人間はすべて“失格”した」と。

死への逃避を奪われ、人ならざる者となった大庭葉蔵。平均寿命120歳を祝う人類初の“人間合格式”を100日後にひかえ、その果てに、彼が選択するものとは…。

「恥の多い生涯を送って来ました。」

衝撃的な告白から始まる、太宰治の代表作「人間失格」。深い死生観や文学性で知られる名作小説を、SFダークヒーローアクションへと大胆にアレンジしたオリジナルアニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』が、全国公開となりました。

“古典文学とSFアクションの融合”という、これまで誰も実現し得なかったプロジェクトに集結したのは、日本屈指のクリエイター陣。

スーパーバイザーに『PSYCHO-PASS サイコパス』の本広克行、監督に『アフロサムライ』の木﨑文智。そして脚本を手がけたのは、太宰治と同じ小説家であり、日本SF大賞ほか数々の賞を受賞して来た冲方丁。

東京タワー上での衝撃的な切腹シーンを皮切りに、予想だにしない世界観と迫力のアクションシーンが怒涛のごとく展開します。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 15:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事