ここから本文です

冷めにくい断熱水筒はどれ? 人気5種の保温性能を私的検証

2019/12/6(金) 11:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

息が白くなる季節がやってきました。ゴルフをするにも会社や学校に行くにも、温かい飲み物が手放せない。でも、ペットボトルやコーヒーショップの紙コップではすぐに冷めてしまう…。そんなあなたにお勧めしたいのが保温機能に優れた水筒です。

【画像】黄金世代の女子プロもマイボトル使ってまーす♪

最近では深刻化する環境問題などもあり、マイボトルを持ち歩く人も増えています。携帯性、おしゃれさ、保温力などを競って様々なメーカーが発売する高性能な水筒から厳選。編集部員が10年間愛用しているマイボトルも加えた5つを、実験で独自に比較検証してみました。

重さや保温性能、洗いやすさなど使用する上での特長も探すように努めました。あくまでも独自の“わたし調べ”の結果となっていますのでご容赦を。

水筒はオンラインショッピングサイトの売れ筋ランキングを参考に、人気の商品を選定。実験方法は、まず80℃のお湯を入れて2分間予熱。その後、お湯を捨てて再び80℃のお湯を300mlずつ注ぎ、煎茶のティーバックを1分間沈めます。あつーいお茶を作ってふたを閉め、1時間ごとに温度を測り計6時間計測しました(室温24.5℃、湿度50%)。

温度を測るときにはふたを開け、人の手によって計測しました。厳密には同一条件とはいえないので、あくまで結果は“目安”と思ってください。

さて、今回実験に使用した人気の断熱水筒は下記の5つ。
会社にも持ち運びがしやすく、ゴルフに行く車内でも片手で飲みやすい350~360mlのサイズを取りそろえました。

(写真左から)
・Hydro Flask ステンレスボトル (354ml、225g)
・KINTO トラベルタンブラー (350ml、242g)
・タイガー ステンレスミニボトル (360ml、174g)
・サーモス 真空断熱ケータイマグ (350ml、234g) : マイボトル
・象印 ステンレスマグボトル タフ (360ml、196g)

18ホール回るのに昼休憩含め約6時間かかるので、1ラウンドでどれほど温度が変化するのか注目です。早速、実験結果とともに各水筒を紹介します!

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 15:03
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事