ここから本文です

今季限りでウイリアムズF1離脱のロバート・クビサ、DTMテスト参加が決定。BMWのマシンをドライブ

2019/12/6(金) 12:34配信

motorsport.com 日本版

 今季、9年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサ。ラリー中の事故によって負った怪我を克服しての、劇的なカムバックだった。しかし、所属チームとなったウイリアムズは最低迷期。そのマシンのパフォーマンスの低さに足を引っ張られたこともあり、なかなか思うようなパフォーマンスを発揮することができなかったが、大混乱となったドイツGPを最後まで戦い抜き、チーム唯一のポイント”1”を持ち帰った。

【動画】あの感動をもう一度……DAZN 2019年F1シーズンハイライト

 そのクビサは今季限りでウイリアムズを離脱。後任としてニコラス・ラティフィが加入することが決定している。クビサはチームを離れるものの、F1でもなんらかの役割を続けたいと希望しており、ハースやレーシングポイントと交渉しているのではないかと言われている。またそれと並行して、他のカテゴリーでレース参戦を続けることを希望しているようだ。

 そのクビサが参戦するカテゴリーとして最有力と言われているのが、DTMだ。そして12月10日から13日にかけて、スペインのヘレス・サーキットで行なわれるルーキーテストで、クビサがBMWのDTMマシンをドライブすることが決まった。

「ヘレスでBMW M4 DTMをドライブする機会を与えてくれたBMWモータースポーツに、感謝したい」

 クビサはそうコメントを寄せた。彼は2006年から2009年にかけ、BMWザウバーのドライバーを務めており、その間にキャリア唯一の勝利(2008年カナダGP)を手にしている。

「テストで走り、ターボエンジンを搭載したDTMのレースカーを理解するのがとても楽しみだ。DTMでの将来を、とてもよく想像できるよ」

「僕は今、新しいチャレンジを探している。DTMも間違いなくそのうちのひとつだ。このシリーズはトップクラスのカテゴリーだし、ドライビングのレベルは非常に高い。しかしながら、テストで僕に何ができるのか、まずはそれを見てみないといけない」

 BMWモータースポーツのトップであるイェンス・マルカートも、クビサの起用について次のように語った。

「ヘレステストに参加する機会を、ロバート・クビサに提供することができ、嬉しく思っている」

「ロバートは世界中のモータースポーツシーンで非常に有名な名前だ。彼はF1のような高いクラスのシリーズで、多くの経験を積んでいる」

「彼が我々のBMW M4 DTMのようなツーリングカーをテストでどう乗るのか、非常に興味を持っている」

 なおmotorsport.comの取材によれば、クビサはアウディのカスタマーチームであるWRTのマシンもテストする可能性がありそうだ。

 なおクビサは当初、DTM参戦についてアウディと交渉していたが、同社のモータースポーツ部門のトップであるディーター・ガスは、現在のラインアップを2020年まで維持する可能性が高いことを示唆している。

 しかしその一方で、カスタマーチームであるWRTは、資金を持ち込むことができるドライバーを必要としている。クビサは2019年、ウイリアムズに1500万ユーロ(約18億円)を持ち込んだと言われており、その満額は難しいとしても、WRTとしては魅力的な候補だと言えるだろう。ただクビサのパーソナルスポンサーであるPKNオーレンは、なんらかの形でF1に残ることを望んでいると言われていて、それも考慮にいれなければならないだろう。

 なおBMWは、クビサと並行してニック・イェロリーをテストで走らせることも発表している。

Tom Errington

最終更新:2019/12/6(金) 12:37
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事