ここから本文です

中村医師殺害は政治目的のプロの仕業~犯行グループの正体は

2019/12/6(金) 18:00配信

ニッポン放送

和平を阻止し、戦いを続けたい勢力か

佐藤)いま、アメリカのトランプ大統領がアフガニスタンのタリバンと話をして、和平に向けて動こうとしていますよね。

森田)和平協議も行っていますね。

佐藤)これを阻止したいグループがやったのではないかと私は見ています。要するに、アフガニスタンのタリバンやイスラム国もネットワーク上の組織で、上位解脱で命令の通るような組織ではないのです。そうすると、和平の実現に利益を見出していない人が中村先生のような国際的に著名な人物を殺害することによって、アフガニスタン情勢は到底安定していないということで戦いが続くことを狙っているのだと思います。

森田)ジャララバードを含むナンガルハル州では反政府武装勢力のタリバンが活動していますし、和平交渉については2018年の7月にトランプ政権が和平協議を始めるということで、今年に入って一旦基本合意して、決裂した時期もありましたが11月にトランプ大統領が和平協議を再開すると表明したので、これに対するタリバンのなかでの分裂があると。

佐藤)タリバンはパシュトゥーン族という人たちが中心なのです。これはパキスタンとアフガニスタンにまたがっているのです。両方の国境管理ができていませんからね。なので、国際的な広がりを持っている可能性は十分にあります。

森田)タリバンそのものは事件への関与を否定する声明を出しているのですが、これはあくまでも本体の話なのですね。

佐藤)その周辺においてはさまざまなことをする人たちがいるわけなのです。

森田)そもそも国際テロ組織のアルカイダを匿っているということで、このタリバン政権に対してアメリカが軍事攻撃を始めてタリバンは敗れたのですが、自爆テロなどを行う反政府組織という形で残っているのですよね。

佐藤)それから山岳地帯ですから、アメリカが山岳地帯を完全に武力で制圧することはできないのです。これはかつてソ連がアフガニスタンへ侵攻したときも山岳地帯を制圧することはできませんでした。ですから、地政学的にアフガニスタンを制圧することは無理なのです。

2/4ページ

最終更新:2019/12/6(金) 18:00
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ