ここから本文です

中村医師殺害は政治目的のプロの仕業~犯行グループの正体は

2019/12/6(金) 18:00配信

ニッポン放送

トランプのタリバンとの和平協議の方向性は変わらない

森田)アメリカはこれからアフガニスタンに対してどういう関与をしていくのか、基本的には撤退していく方向ですものね。

佐藤)その方向性は変わらないと思います。

森田)トランプさんとしては選挙のときも言っていたようなことですしね。

佐藤)ですから、トランプの発想はここのところは自分たちで平定されないとなると、アメリカが退いてしまったらまた内戦になるのですよ。どのグループが指導力を取るのかと。それに対して外部勢力が介入しないと、お互いの力の均衡ですみ分けがなされるということをアメリカは考えているのだと思います。これはかつてアフガニスタンから撤退した後のソ連が考えたことなのですが、大国が関与しないとその隙間にアルカイダが入ってきてしまったわけですよね。ですから、アメリカが関与を緩めた場合には新たなISの拠点となって、それがアフガニスタンから中央アジアへ拡大していく可能性があります。非常に複雑になっています。

森田)トランプ政権はタリバンとの和平協議をどうやって進めていくのかというところも気になります。

佐藤)特に考えはないのでしょうね。今回の件でトランプが和平交渉をやめる方向に動くのかというと、そうはならないと思います。アメリカはいまの既成方針通りで、とにかくこれはタリバンがやっていることではない、何か跳ね返った分子が行ったという整理をするでしょう。私はタリバン本体との関係は非常に曖昧で、タリバンネットワークのなかで起こったことだと見ています。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

4/4ページ

最終更新:2019/12/6(金) 18:00
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ