ここから本文です

【オーストラリア】豪最高裁の新判決、訴訟ファンド業界に打撃

2019/12/6(金) 11:30配信

NNA

 オーストラリア最高裁判所が4日、保険販売に関して集団訴訟を受けているウエストパック銀と、エアバッグに関して集団訴訟を受けているBMWからの不服申し立てについて、ニューサウスウェールズ(NSW)州最高裁判所と連邦裁判所が2月に下していた「コモン・ファンド命令(Common fund order)」を覆す判決を下した。今回の決定は、訴訟に資金を提供して利益を得ている訴訟ファンドにとって打撃になるとみられている。5日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

 コモン・ファンド命令は、集団訴訟に参加する全構成員に対して訴訟コストを平等に拠出するよう求める命令で、訴訟ファンドと契約を結んでいない者も含めた構成員全員に対し、勝訴により得た賠償金の一部を訴訟ファンドに支払うよう命じるもの。訴訟ファンドへの支払い率は裁判所が決定するが、資金を提供する訴訟ファンドにとっては、将来受け取る利益や手数料の確実性が増すため、原告側が裁判の早い段階でこれを求めるケースが多いという。

 NSW州最高裁判所と連邦裁判所は2月に、ウエストパック銀とBMWに対する集団訴訟においてコモン・ファンド命令を下していたが、最高裁判所は「コモン・ファンド命令は、訴訟ファンドが受け取る賠償金を統治するためのもので、州や連邦裁判所の決定権の範囲を超えている」とし、コモン・ファンド命令を下さないことを決めた。

 集団訴訟を扱う弁護士からは、コモン・ファンド命令がなければ訴訟ファンドからの出資意欲が衰え、訴訟ファンドを利用した訴訟が減少するとの見方が出ている。

最終更新:2019/12/6(金) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事