ここから本文です

FWキープは2日連続高水準 石川遼は8位で週末へ

2019/12/6(金) 18:29配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目(6日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

カイロで暖をとる石川遼

石川遼は3バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、通算2アンダー8位で大会を折り返した。6番(パー5)、7番と連続バーディを奪取も伸ばしきれず、「悪いゴルフではないと思うけど、そんなにいいゴルフでもない」としたが、冷静に週末を見据えた。

正午時点の気温9.4℃という寒さに対し、スタート前はルーティン通りにパッティンググリーンでボールを転がし始めると、いったんロッカールームへ引き揚げた。キャップをニット帽に替え、セーターはより防寒性能が高いカシミヤにチェンジして練習を再開。さらに「あすを見越して、セーターの下はあえて“抑えて”半袖にした」と笑い、いっそう冷え込む予報の3日目に備える工夫も施した。

初日トップタイのフェアウェイキープ率(85.71%)は、この日も2位タイ(64.29%)と高水準をキープ。寒さで距離感のアジャストにも悩まされ「短いアイアンがそばについていない。2mについた感触が6mだったりする」としたが、スイングには及第点をつける。「一貫してドライバーもいい感じで打てている。ミスショットをしてもラフで収まっていたりすることが、4日間どこの試合でもできれば、ドライバーに関しては一歩前進。(気温含め)ある程度のことは受け入れて、自分がいいクオリティだと思うショットを打ち続けることが大事」と基準を設けた。(東京都稲城市/亀山泰宏)

最終更新:2019/12/6(金) 18:29
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事