ここから本文です

渋野日向子が地元を“ジャック” 凱旋帰郷ドキュメント

2019/12/6(金) 20:46配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

8月の「AIG全英女子オープン」で日本人女子42年ぶりの海外メジャー制覇を遂げた渋野日向子が6日、地元の岡山市で表彰を受けた。午前9時20分からの一日警察署長を含めて4カ所を訪問。20キロ以上の車移動で市内を巡り、日が暮れかかった午後5時前までイベントや取材に応じた。地元を“ジャック”した凱旋帰郷を追う。

警官の制服を身にまとった渋野日向子

■一日警察署長

<岡山県東警察署 9:20~11:00>

警察署前に集まった約100人の市民が見守る中、特別警戒出発式で署員に訓示。その後はパトカーで街頭に移動し、「ちょっと捕まった気分」と冗談を飛ばした。集まった市民約200人に、交通事故防止と特殊詐欺の防犯を呼びかけるグッズを配布し、「私も運転をするので(事故を)気をつけないといけない」と気を引き締めた。

■岡山市人見絹枝スポーツ顕彰表彰式

<岡山市役所 12:00~12:45>

『岡山市民スポーツ栄誉賞』を受賞した渋野は、「これから私がやっていかないといけないことは日本中、世界中のみなさんが笑顔になるプレーヤーになること。岡山の誇りをもって、世界に羽ばたいていけたら」とコメント。同賞は2003年にプロ野球の犠打世界新記録を樹立した川相昌弘氏、2014年に女子プロボクシング世界王座を初防衛した池山直氏、2017年に野球殿堂入りした平松政次氏に続き4人目となった。

■JAグループ岡山 岡山米贈呈式

<岡山国際ホテル/14:00~14:20>

「農業を元気に」などをコンセプトに活動するJAグループ岡山が渋野に岡山県産の農産物を贈呈し、今後の活躍を祈念した。米1年分(120kg)やぶどう、梨、ニラ、ナスなどを受け取り、「実家は畑をやっていて、(農産物は)親近感がある。小さい頃から手伝っていた。これからもお米をモリモリ食べて頑張りたい」と上機嫌だった。

■岡山県スポーツ特別顕賞授与式

<岡山県庁/15:30~16:30>

市民や職員ら約600人の出迎えを受けた。フィギュアスケートの高橋大輔氏、プロ野球・阪神の監督などを務めた故・星野仙一氏らに続き、『岡山県スポーツ特別顕賞』を授与された。「久しぶりの岡山で、すごいことをした実感がわいた。人の多さにびっくりしました」。あす7日以降は数日間のオフを取る予定で、「母のご飯も食べたいですし、高校の同級生とかにも会いたい」と話した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事