ここから本文です

タブレットPCで作業指示などをデジタル化、中規模製造業向けに発売

2019/12/6(金) 9:10配信

MONOist

 日立産業制御ソリューションズは2019年11月18日、タブレットPCを使って作業指示や実績収集ができる「製造オペレーター作業支援ソリューション」を発売した。価格は400万円から。国内の組み立て加工業や食品製造業を中心とした中規模製造業向けに、今後3年間で10億円の販売を目指す。

 同ソリューションは、タブレットPCを活用して製造現場における作業指示や実績収集をデジタル化、ペーパーレス化するものだ。

 ディスプレイ上で図や映像を交えて作業手順および指示を出し、作業をナビゲート。デジタル化によってリアルタイムな作業指示や変更内容を共有でき、現場における誤作業の防止、作業効率の向上および作業報告、実績集計などの事務作業の軽減が期待できる。

 さらに、バーコードなどで使用原材料をチェックしたり、作業者ごとの作業実績を自動収集することで作業報告書の作成や実績の集計もできる。

 「SmartFAM」や「作業安全教育クラウドサービス」など、同社が別途提供する設備、資産管理システムなどと組み合わせて、生産現場のIoT(モノのインターネット)化を段階的に進めていくことも可能だ。

MONOist

最終更新:2019/12/6(金) 9:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事