ここから本文です

大麻の営利目的所持で無職男逮捕 自宅に栽培用照明器具、渋谷の「社長」から購入か

2019/12/6(金) 19:40配信

カナロコ by 神奈川新聞

 県警薬物銃器対策課と幸署は5日、大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで、東京都目黒区、無職の男(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日に自宅マンションの部屋で、ビニール袋入りの大麻約40グラム(末端価格20万円相当)を営利目的で所持した、としている。容疑を認め「自分で使用するためと、他人に売るために大麻を持っていた」と供述しているという。

 同課によると、自宅からは大麻草18本や大麻栽培に使う照明器具などが押収された。栽培用具は、県警が11月に摘発した東京・渋谷の園芸用品輸入・販売店社長の男(54)=同法違反容疑(栽培ほう助)で逮捕=から購入したとみられる。栽培方法についても社長の男からアドバイスを受けていた可能性がある。

 同課は無職の男が、ツイッターで客を募り、栽培した大麻を密売していた疑いもあるとみて捜査する。

神奈川新聞社

最終更新:2019/12/6(金) 20:09
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事