ここから本文です

「スター・トレック4」の監督に「FARGO ファーゴ」クリエイターが就任

2019/12/6(金) 20:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース]「スター・トレック4(仮題)」の監督に、「FARGO ファーゴ」や「レギオン」などの人気ドラマを手がけるクリエイターで、ナタリー・ポートマン主演の「ルーシー・イン・ザ・スカイ(原題)」で映画監督デビューを果たしたノア・ホーリーが就任した。ホーリーは脚本を兼ねる。

 映画版「スター・トレック」は、J・J・エイブラムス監督がメガホンをとった通算11作目にあたる「スター・トレック」(2009)でフランチャイズを刷新。クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナら新キャストが出演し、続編となる「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(13)、「スター・トレック BEYOND」(16)が製作されている。

 米パラマウント・ピクチャーズは、2016年から「スター・トレック4(仮題)」の準備を開始。一時期はパイン演じるカークがタイムトラベルによりクリス・ヘムズワース演じる父ジョージと出会うストーリー案になったものの、パインならびにヘムズワースとギャラの折り合いがつかず交渉は決裂。また、「ジェシカ・ジョーンズ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」のテレビ演出家S・J・クラークソンがメガホンをとる予定だったが、そちらも棚上げされてしまっていた。

 しかしこのほど、パラマウントは再び「スター・トレック4(仮題)」の実現に前向きになったようだ。パイン、クイント、サルダナらメインキャストが復帰するものとみられ、ホーリーの制作会社26 Keysと、エイブラムスの制作会社バッド・ロボットが共同でプロデュースすることになる。

 なお、「スター・トレック4(仮題)」はクエンティン・タランティーノ監督が関与している「スター・トレック」とは別企画であり、そちらの進捗状況にも注目が注がれている。

最終更新:2019/12/6(金) 20:30
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事