ここから本文です

広島・荒木隼人 湘南戦人生初オウンゴールで敗戦-最終戦屈辱跳ね返す

2019/12/6(金) 7:30配信

デイリースポーツ

 サッカーのDFはいつも、失敗がクローズアップされる。うまくいって当たり前。エラーは許されない。しかし、人間はいつも失敗から学ぶ。そのジレンマがDFの難しさだ。

 11月30日、対湘南戦(BMWス)。J1残留がかかった湘南は、立ち上がりから強烈なプレスを仕掛け、広島ゴールに襲いかかる。それでも3バックの真ん中を務める広島の日本代表・荒木隼人を中心に弾き返してはいた。

 前半9分、セットプレーからこぼれたボールを拾った湘南はワンツーで広島の右サイドを崩しにかかった。

 クロスがくる。

 荒木はそう予測し位置をとる。しかしそのコースは彼の予測を裏切り、GKと荒木の間に速いボールが。

 危ないっ。

 触らなければ、その奥のFWに決められてしまう。体勢は崩れていた。でも、ゴールを守る本能が、足を限界まで伸ばさせた。

 当たった。だがボールは、ゴールネットの天井に突き刺さり、ポトリと落ちた。

 生まれて初めてのオウンゴール。その失点により、広島は敗れた。「もっといい位置にいれば防げたのに」。後悔で胸が張り裂けそうになった。

 広島ユースからすぐにプロになれなかった悔しさをバネに大学で成長し、ルーキーイヤーでポジションをつかみ、日本代表まで上り詰めた。周りも自分自身も想像もつかないシンデレラ的な状況。しかし局面では、やられた場面もある。レッドカードを受け、涙を流したこともある。悔しさを何度も味わった。しかしそれも、試合に出ていればこそ。悔し涙は男を磨き上げる。

 「失敗を経験できたことで、メンタルも人間性も成長できた。だからこそ、今季最後の試合を勝利で飾りたい。サポーターの皆さんと一緒に、喜び合いたい」

 真面目すぎるほどに真面目だから先輩に可愛がられ、優しすぎるほどに優しいから後輩から慕われる。荒木隼人の失敗は誰も責めない。屈辱を跳ねかえすために努力を怠らない男であることを、誰もがわかっているからだ。(紫熊倶楽部・中野和也)

 ◆荒木隼人(あらき・はやと)1996年8月7日生まれ。大阪府出身。ポジションはDF。185センチ、75キロ。背番号23。サンフレユース、関大を経て19年にサンフレッチェ広島に加入。1年目から主力の座を奪い、J1・23試合に出場し、2得点(4日現在)。11月の国際親善試合・ベネズエラ戦では日本代表に初招集された。

最終更新:2019/12/6(金) 8:30
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事