ここから本文です

「ジャングル~」開幕、北尾亘「Baobabが踏みしめた10年の軌跡が此処に」

2019/12/6(金) 11:38配信

ステージナタリー

Baobab「ジャングル・コンクリート・ジャングル」が昨日12月5日に開幕した。

本作は、北尾亘が振付・構成・演出を手がける、Baobabの第12回公演。“タタエロ イノチ これは生命の祝祭讃歌だ”をメッセージに掲げ、自然や動植物のエネルギーや身体に迫る。

【写真】Baobab 第12回本公演「ジャングル・コンクリート・ジャングル」より。(photo by 石倉来輝)(メディアギャラリー他8件)

公演に際し、北尾は「Baobabが踏みしめた10年の軌跡が、真骨頂として此処に立ち現れます。21の身体で生み出す“風”が、KAAT 大スタジオの空間を越えて行くことを願って」とコメントした。出演者には、北尾のほか、Baobabの目澤芙裕子、米田沙織、さらにTABATHAの岡本優、eltaninの鈴木竜ら、小学生から四十代まで21名のダンサー、俳優がそろった。

公演は12月8日まで、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて。

■ Baobab 第12回本公演「ジャングル・コンクリート・ジャングル」
2019年12月5日(木)~8日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

振付・構成・演出:北尾亘
出演:岡本優、鈴木竜、植田崇幸、HEIDI、中村駿、小林利那、山田茉琳、実近順次、高橋唯子、小麦粉くり子、河内優太郎、シュミッツ茂仁香、加賀谷風花、伊藤まこと、内堀愛菜、中川友里江、沼田駿也、生田目麗 / 目澤芙裕子、米田沙織、北尾亘

※高橋唯子の高ははしごだかが正式表記。

最終更新:2019/12/6(金) 11:38
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事