ここから本文です

SUVブームを代表するトヨタ RAV4…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2019-2020】

2019/12/6(金) 18:30配信

レスポンス

第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」で、“今年の1台”が発表された。最終選考で勝ち残った10台の「10ベストカー」の中から、自動車評論家、モータージャーナリストなど総勢60名による選考委員が、今年の1台を決める。今年は、トヨタ『RAV4』だ。

[関連写真]

自動車評論家である岡本 幸一郎氏は、RAV4に満点の10点を投じた一人。以下は日本カーオブザイヤー公式HPに掲載された、岡本氏のコメントである。

☆☆☆

のちのち振り返ったときに、その年をもっとも象徴する何かを感じさせるクルマに例年も10点を投じてきましたが、2019年はRAV4とします。

日本市場に復活したRAV4は、都会的に洗練されていながらクロカン的な武骨さも持ち合わせていて、走行性能や実用性など車両自体の完成度も非常に高い。それをリーズナブルな価格で提供していることもポイントが高いです。

世のSUVブームを代表する存在に違いなく、そうした価値が多くの人の心に響いたことは、予想をはるかに上回る売れ行きでも明らか。2019年の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車に最も相応しい1台だと思います。

輸入車勢では、セグメントのベンチマークとしてデザイン、走行性能、先進技術などあらゆる面で期待に応える内容のモデルチェンジをはたし、日本市場にも根ざしたBMW『3シリーズ』をもっとも評価します。

☆☆☆

岡本氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ RAV4:10点
日産 デイズ 三菱 eKクロス/eKワゴン:2点
マツダ MAZDA3:4点
BMW 3シリーズ セダン:6点
ジャガー I-PACE:3点

《レスポンス 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

最終更新:2019/12/7(土) 23:59
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事