ここから本文です

<ゆりやんレトリィバァ>新春ドラマ「ハゲしわしわときどき恋」でドラマ初主演 「私でいいんですか?」

2019/12/7(土) 5:00配信

MANTANWEB

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんが、2020年1月2日に放送されるドラマ「ハゲしわしわときどき恋」(テレビ朝日)でドラマ初主演することが12月7日、分かった。ゆりやんさんが得意の歌唱力やキレキレのダンス、ツッコミを通して、恋に燃える主人公を演じる。

【写真特集】ゆりやんレトリィバァ 初代“女芸人No.1”で大粒の涙

 ドラマは、演劇集団「ヨーロッパ企画」の上田誠さんが脚本を務めるオリジナル作品。ケアハウス暮らしの桜木マチコが71歳にして、高校時代の初恋の相手と再会。50年の時を超えた“高校最後の恋”と“人生最後の恋”をテーマに、ミュージカル仕立てで描く。ゆりやんさんが18歳のマチコ、草村礼子さんが71歳のマチコを演じる。

 ゆりやんさんは、オファーを受けた時の心境を「率直に驚きました!『私でいいんですか?』という思いでした。でもミュージカルは見に行くのも、遊びでマネするのも大好きなので、めちゃくちゃ撮影が楽しみでした」と語っている。

 マチコが愛してやまない“海野クン”を「劇団EXILE」の佐藤寛太さんが演じるほか、マチコを思い続けてきた幼なじみ・栗田紅葉を加藤諒さん、ケアハウスの介護士・小日向うららを島崎遥香さん、71歳の海野を斉木しげるさん、71歳の紅葉を春海四方さんが演じる。また、横田真悠さんも出演する。

 ドラマは関東ローカルで、2020年1月2日午後11時40分放送。

 ◇ゆりやんレトリィバァさんのコメント

 ――ドラマ初主演オファーを受けたときの心境は?

 率直に驚きました! 「私でいいんですか?」という思いでした。でもミュージカルは見に行くのも、遊びでマネするのも大好きなので、めちゃくちゃ撮影が楽しみでした。

 ――脚本を読んで感じたことは?

 ストーリーが面白くてワクワクしました。恋する気持ちを思い出したら、見た目が当時になっちゃうのも面白いですし、なんといってもときめきました。50年以上もいちずな恋愛ってすてきやし、しかも海野クンと紅葉さんという2人の男性の間で揺れる役やなんて……! 内心、そんなシチュエーションに憧れていましたが、実際に目の前で取り合われたら「私のためにケンカはやめてーー」と心から思いました(笑い)。

1/4ページ

最終更新:2019/12/7(土) 5:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事