ここから本文です

キム・ソングン元監督の苦言「韓国プロ野球、絶えず戦い方を悩まなければならない」

2019/12/6(金) 17:54配信

WoW!Korea

韓国プロ野球の元老キム・ソングン元監督が球団に向けて積極的な姿勢を呼び掛けた。

キム・ソングン元監督は6日、ソウル市内のホテルにて開催された「2019一球賞授賞式」に出席した。この日久しぶりにプロ野球の行事に姿を現したキム・ソングン元監督は、野球人らと嬉しそうにあいさつを交わし近況を伝えた。

今シーズンまで日本プロ野球ソフトバンクホークスのコーチングアドバイザーを務めたキム元監督は来季からは1軍に帯同する見通しだ。

行事後、取材陣と会ったキム・ソングン元監督は最近の韓国野球の流れのうち投資・育成について「われわれはもっと学ばなければならない」と苦言を呈した。

キム元監督は「日本で見守っていると日本の球団は優勝しても満足しない。ソフトバンクホークスの場合、シーズン中にも積極的に戦力を補強する」とし「どうすれば戦えるかについて絶えず悩まなければならない」強調した。日本に比べ、投資や戦力補強の動きが消極的な韓国プロ野球の現実を皮肉った。

最終更新:2019/12/6(金) 17:54
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事