ここから本文です

テコンドー応援会発足 川淵三郎氏「金原会長に悪者になってもらったきらいがあるが」

2019/12/6(金) 18:41配信

デイリースポーツ

 強化方針を巡って協会と選手が対立するなど騒動が続くテコンドー界を支援する「新生テコンドーを応援する会」の設立総会が6日、都内で行われ、代表発起人となった元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏や遠藤利明元五輪相らが参加した。すでに退任が決定している金原昇会長、会長と対立してきた岡本依子副会長らも出席。“呉越同舟”の中での新たな船出となった。

 検証委の報告では金原会長体制のガバナンスは問題はなく、パワハラや反社勢力とのつながりはなかったと認定されたが、金原会長は騒動の責任をとり退任することになった。あいさつに立った川淵氏は「不祥事というと金原会長に申し訳なんですが、悪者になってもらったきらいがある」と思いやりつつ「多くの人の支援を得て、再びスタートを切るいいきっかけとなることを願っています」と、呼びかけた。

 総会では全員で記念撮影もとり、対立していた金原会長と、岡本副会長らも同じフレームに収まった。金原会長は元プロレスラーの馳浩衆議院議員と隣り合い、なかなかのレアショットとなった。

最終更新:2019/12/6(金) 18:47
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事