ここから本文です

山口紗弥加『シロクロパンダ』で清野菜名の母親役 山崎樹範も精神科医役で出演

2019/12/6(金) 6:00配信

オリコン

 女優の清野菜名と横浜流星がW主演を務める2020年1月12日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)の追加キャストが発表され、女優の山口紗弥加と俳優の山崎樹範の出演が決定した。山口は囲碁棋士・川田レン(清野)の母、山崎は森島直輝(横浜)のゼミの教官で、レンの良き理解者として担当医も務める大学病院の精神科医・門田を演じる。

【写真】『シロクロ』でW主演を務める2人のビジュアルカット

 同ドラマは世の中のグレーな事件にシロクロつけるべく、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダという顔を持つレンと、彼女を操る男・飼育員さんこと直輝が活躍する物語。2人に依頼する謎の人物『Mr.ノーコンプライアンス』は佐藤二朗が演じる。このほか、自称・天才美少女囲碁少女でレンをライバル視している東山楓役に吉田美月喜、直輝の大学のゼミ仲間役で中田圭祐と祷キララの出演が決定した。

 ある事件をきっかけに入院することになった“ワケアリ”な母親を演じる山口は「レンを溺愛する母親です。現在病気療養中ということで、レンとは離れて暮らしています。『普通の親子』というとちょっと定義が難しいのですが、この親子には普通ではない歪(いびつ)なものをひしひしと感じています。私は、白と、黒。両方を意識して演じているところです」と語る。今回、どのような母親として物語に関わっていくのかにも注目。「私とレンとの関係は、少し特殊な形には映るかもしれませんが、それも愛情ゆえの一つの形ということで受け止めていただけると幸いです」と呼びかける。

 一方、山崎は「私が演じる精神科医は物語のエピソード0の部分を担う大事な役どころなので丁寧に演じたいと思います」と意気込み。「清野菜名さんとは一度共演させて頂きましたが、かわいらしくお芝居も魅力的な女優さんですし、横浜流星さんはテレビで見てすてきな役者さんだなぁと思っていたので今からせりふを交わすのが楽しみです」とクランクインを心待ちにする。「放送後は学校や会社、またSNSで『シロクロ観た?』と話題にのぼるのは間違いないので、ぜひリアルタイムで御視聴ください!!」とアピールしている。

最終更新:2019/12/6(金) 9:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事