ここから本文です

小関裕太、『HERO』コントで木村拓哉になりきり 電流攻撃に涙目「実家に帰りたい」

2019/12/6(金) 12:00配信

オリコン

 俳優の小関裕太が6日放送されるフジテレビの深夜バラエティー・22世紀計画『ウケメン』(深夜1:50※毎月1回放送、関東ローカル)に出演。装着した低周波装置から電流を受けながらも平静を保って演じ切らなければいけない『ヘイセイドラマシリーズ』でコントに挑戦。木村拓哉の演じた人気キャラクターで検察官・久利生公平としてトレードマークの茶髪のロングヘアにベージュのダウンジャケットを着てなりきるも、電流攻撃に悶絶することとなる。

【番組カット】鈴木愛理は面接コントに挑戦!頬を膨らませキュートな表情を見せる

 若手バラエティー制作チームが深夜に送る“新感覚お笑いプロジェクト”として放送され、3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、フタリシズカ、マカロン、リンダカラーといったテレビ初出演の若手芸人たちが、新ネタ・コント・新企画に挑戦するフレッシュさ溢れるお笑い番組。

 被疑者を取り調べている小関だが「警察から色々聞かれていると思いますが…」と言った途端、電流が流れ「うぁわああああ!」と悲鳴。松たか子が演じた雨宮舞子(福田麻貴・3時のヒロイン)から「ちゃんとしてください」と叱られ、すぐに顔を戻すも…。「あなたには黙秘権が」と言いかけたところで再び電流が流れ「いたたたたたた!」と絶叫。その後も、ナイスなタイミングで電流が流され続け、セリフが途切れ途切れになってしまう。

 本家さながらのオープニングシーンでは、ウケメンメンバーと共にかっこよく登場するも、全員に電流が流され衝撃の映像になってしまい小関は「実家に帰りたい」と涙目になる場面も。

 またコント『あいみょんに憧れる女・まいみょん』では、福田が扮する“まいみょん”と歌手・鈴木愛理がコラボレーションで。ウケメンメンバーは、その光景を目の当たりにして「よく出てくれたな! やりすぎ!」と驚きを隠せず、仁木恭平(ひみつスナイパー健)はファンだったことを明かし「すごい人なんだよ! 俺は握手会とか行っているからね!」と福田とのコラボに納得いかない様子。鈴木がハロプロメンバーだったことから「つんくさんが見ていたら…」とぼやく。

 さらに鈴木は、企業の面接コントに学生役で登場する。しっかりと志望動機も言えて印象もばっちり、かと思いきや…デン(リンダカラー)と舟久保匠(マカロン)が扮(ふん)する面接官は苦笑い。「顔採用の会社だと思われ問題になるから…」と採用を渋る。鈴木は「顔で得していると思われたくなくて必死で頑張ってきたんです!」と抗議。そこで出す“ぷんぷん顔”と一転して“ぶりっ子ポーズ”、さらに最後に見せた鈴木らしからぬ(!?)目線に、ふたりは骨抜きになってしまう。その振り切った演技にも注目だ。

最終更新:2019/12/6(金) 12:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事