ここから本文です

沢尻エリカ被告が保釈、裏口から湾岸署後に 事務所が書面で謝罪【コメント全文】

2019/12/6(金) 19:24配信

オリコン

 きょう6日に麻薬取締法違反で東京地検に起訴された女優の沢尻エリカ被告(33)が、同日午後7時半前に保釈された。沢尻被告は東京湾岸警察署の裏口から車に乗り込んだ状態で同署を後にし、報道陣の前に直接姿を見せることはなかった。

【動画】沢尻エリカ被告が保釈されたときの様子

 沢尻被告は先月16日、都内の自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持していたとして警視庁が逮捕。同日中に湾岸署へ身柄を移送された。きょう6日あさにはMDMAのほかにも合成麻薬LSDを染み込ませた紙片が自宅から新たに押収されたと報じられており、昼過ぎに東京地検が起訴。その後沢尻被告側が保釈請求し東京地裁が保釈を認める決定をした。

 沢尻被告は午後7時半前、同署の地下から車に乗り込んだ状態で裏口(通用門)を通過し、詰めかけた100人以上の報道陣からフラッシュが浴びせられた。沢尻被告の姿を映そうとする報道陣の怒号が飛んだほか、野次馬からも「エリカー!」と叫ぶ声もあり、現場は大混乱だった。沢尻被告を乗せたワゴン車は後部座席がカーテンで閉められ、車内の様子を伺うことはできなかった。

 保釈直後、沢尻被告が所属するエイベックス・マネジメントからは下記のコメントが発表された。

■エイベックス・マネジメントのコメント全文

沢尻エリカは、本日違法薬物所持の容疑で起訴されました。ファンの皆様を含め関係各方面の方々には多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます。

皆様におかれましては様々なご意見があるとは存じますが、弊社といたしましては弁護士を含めた専門家の指導の下、本人を更生するための支援をいたします。

メディア関係の皆様におかれましては大変恐縮ではございますが、本人を更生に専念させていただきたく、本人や家族、更生先への取材、間い合わせにつきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

また、本人に対する処分につきましては今後の裁判の結果を踏まえて決定させていただき改めて皆様にご報告させていただきます。

2019年12月6日
エイベックス・マネジメント株式会社

最終更新:2019/12/8(日) 7:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事