ここから本文です

BMW 3シリーズが今年のインポートカー・オブ・ザ・イヤーに決定。ダイナミック性能や先進アシスト技術に高い評価

2019/12/6(金) 14:19配信

carview!

2019-2020年インポートカー・オブ・ザ・イヤーは「BMW 3シリーズ」に決定しました。

>>受賞モデル フォト集<<

7世代目となる3シリーズはロングホイールベース化やワイドトレッド化、軽量化といったシャシーの大幅進化でダイナミック性能を引き上げたほか、高性能3眼カメラを使った日本初の高速道路渋滞時のハンズ・オフ(手放し運転)機能を実現するなど、先進技術の積極的な導入でも話題になりました。

一昨年、昨年と連続でボルボが大賞を獲得し、2年間該当なしだったインポート・カー・オブ・ザ・イヤーですが、今年は10ベストカーのジャガー I-PACE、ジープ ラングラー、メルセデス・ベンツ Aクラス/Aクラス セダンというライバル勢に競り勝った、BMW 3シリーズの受賞となりました。

イノベーション部門には高精度地図を使ったハンズフリー運転を実現した「スカイライン」、エモーショナル部門には11年ぶりにフルモデルチェンジした「ジープ ラングラー」、スモールモビリティ部門には日産と三菱の共同開発車「ニッサン デイズ ミツビシ eKクロス/eKワゴン」が選ばれています。

●10ベストカーは下記
・ダイハツ タント/タントカスタム
・トヨタ カローラ/カローラツーリング
・トヨタ RAV4
・ニッサン デイズ ミツビシ eKクロス/eKワゴン
・ホンダ N-WGN/N-WGN Custom
・マツダ MAZDA3
・BMW 3シリーズ セダン
・ジャガー I-PACE
・ジープ ラングラー
・メルセデス・ベンツ Aクラス/Aクラス セダン
(順不同)

最終更新:2019/12/6(金) 14:19
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事