ここから本文です

キャサリン妃、幼稚園児たちとクリスマスツリー選びへ

2019/12/6(金) 6:40配信

ELLE ONLINE

最近、エリザベス女王からチャリティ組織「ファミリーアクション」のパトロンを引き継いだキャサリン妃。この団体は経済的な問題を抱える家族の子育てをサポートしている。財政面だけではなくメンタルヘルスや子育ての悩みに取り組み、家族が社会から孤立してしまわないように支援している。これまで子どもや家族のメンタルヘルス、母親たちが抱える育児問題に取り組んできた妃にぴったりといえそう。

現地時間12月4日(水)、キャサリン妃はロンドン郊外にある農園を訪問。この組織が支援する幼稚園や学校に通う子どもたちと一緒に、園に飾るクリスマスツリーを選んだ。妃は「この木がいいと思う人は?」と子どもたちに呼びかけていた。

ファミリーアクションのCEOは今回の妃の訪問について「キャサリン妃は子どもたちにもとても優しく、私たちが取り組んでいる問題に深く関心を抱いています」とコメント。「家族と子育てに大変興味を持っていて、それは妃の行動を通じてよくわかります」とも。

妃は参加した親たちと語り合っただけでなく、子どもたちとも熱心におしゃべり。雑誌『ピープル』によるとある女の子に「素敵な髪ね」と声をかけていたそう。女の子曰く「妃は私の髪を褒めて『どうやってそんな風にしているの?』と質問してくれました。たくさん三つ編みをするのと答えたら、今晩やってみると言っていました」。

ちなみに今年2月、妃は小学生の演劇発表会を訪れ舞台裏でヘアメイクを手伝っていた。シャーロット王女の髪を毎日整えてあげていることを伺わせる手慣れた様子で女の子の髪を結ってあげていた。

今回のテクニックも早速取り入れている可能性が大。もしかして今日のシャーロット王女は新しいヘアスタイルで学校に行っているかも!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:2019/12/6(金) 6:40
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事