ここから本文です

ハリソン・フォード主演最新作『野性の呼び声』予告&ポスター公開 犬と冒険者の“言葉を超えた絆”

2019/12/6(金) 5:00配信

ぴあ

ディズニーの『ライオン・キング』『アラジン』のクリエイターらが、世界的名作冒険小説を実写映画化した、ハリソン・フォード主演最新作『野性の呼び声』の日本公開が、2020年2月28日(金)に決定。それにあわせ、日本版ポスターと予告映像が公開された。

『野性の呼び声』は、ジャック・ロンドンの冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉の壁を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャー作品だ。

予告編では、地上最後の秘境アラスカでたった独り未開の地を求め旅する、ハリソン・フォード演じるソーントンと、温暖なカリフォルニアでペットとして育ち、数奇な運命によってアラスカで犬ぞりを引くことになる奇跡の名犬バックの出会いが映し出される。そして、友情で結ばれ“最強の相棒”となったふたりが、さらなる未開の地を求め、“最高の冒険”へと旅立つ姿が切り取られている。

また、同時に公開されたポスターでは、数奇な運命に導かれ出会ったふたりが、荒れる川の 船上で先だけを見据える勇敢な姿が描かれた、男と犬の絆を感じるビジュアルとなっている。

本作の監督は、ディズニー・アニメーションで『ライオン・キング』『アラジン』『美女と野獣』など様々な名作を生み出してきたクリエイター、クリス・サンダース。自身の監督作『リロ・アンド・スティッチ』では、愛を知らないエイリアンと両親を亡くした女の子の友情の物語を、『ヒックとドラゴン』では弱気なバイキングの少年と伝説のドラゴンの友情の物語によって、言葉の壁を超えた絆を描いてきた。実写デビュー作となる本作でも、 人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と深い絆を描き出してくれそうだ。

最終更新:2019/12/6(金) 5:00
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事