ここから本文です

バイエルン残留を望むコウチーニョ「正しい決断を下したと100%確信している」

2019/12/6(金) 6:50配信

SPORT.es

フィリペ・コウチーニョは、買取オプション付きの1年間のレンタル移籍でバルセロナからバイエルン・ミュンヘンへと渡った。

コウチーニョはバルサ復帰を望まず「バイエルンに残りたい」

移籍直後からバイエルンでの生活に満足している事と明かしていたブラジル人MFは、再びその事を主張している。
「(バイエルン等でプレーしたブラジル人CB)ルシオはバイエルンでプレーすることは素晴らしいことだとアドバイスしてくれた。僕がここに来たいと思う気持ちに疑いはなかった。最初の瞬間から心地良く感じていた。僕は正しい決断を下したと100%確信している」と『Goal』のインタビューで語っている。

27歳のコウチーニョは1年プレーした後もドイツに残る事を望んでいるようだ。
「僕のプランはここで1年プレーすることであり、そのことに集中している。そして全てがうまくフィットすれば残りたいと考えている」とバイエルンでのプランについて語っている。

今シーズン、コウチーニョはバイエルンで18試合に出場し、3ゴール5アシストの数字を残している。
ニコ・コヴァチの解任としてハンス・フリックが就任した後も、彼は5試合全てで起用(3試合途中出場)されている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/6(金) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事