ここから本文です

カフェ備えた柔道場オープン 関心持つきっかけに/兵庫・丹波篠山市

2019/12/6(金) 10:12配信

丹波新聞

 兵庫県丹波篠山市今田町休場に今年4月、カフェを備えた柔道場という珍しい店舗がオープンした。日本人だけでなく、ベトナムやポルトガルから合宿に訪れたり、来年1月にはオーストラリアの小中学生が柔道合宿を予定。一方で、市内のサークルがカフェでワークショップを開くなど、一風変わった施設として利用されている。

その名は「やまもりサーキット」 温泉地に新キャンプ場オープン 「家族、初心者も安心して」

 カフェ&柔道スタジオ「TOUYA」。柔道場は98畳あり、男女別にトイレや洗面台、シャワー室、洗濯機などを完備する。

 併設するカフェは吹き抜けの2階建てで、木をふんだんに使用。壁一面がガラス張りで、自然豊かな山々の景色を見渡せる。テラス席があり、ドッグランも可能。

 ロンドン五輪柔道銀メダリスト、杉本美香さんを輩出した「伊丹土曜柔道教室」の代表を16年前に引き継いだ佐々木洋賢さん(60)=同県伊丹市出身、三田市=が、柔道が縁で集まった仲間と楽しく過ごしたり、柔道に関心を持ってもらうきっかけになればと、スタジオを建てた。

 佐々木さんは7年前に「土曜柔道会」を設立。現在、伊丹と三田に教室を持つ。TOUYAでは、毎週火曜の午後6―7時、初心者クラスを開講している。

 カフェでは、妻の直子さん(54)と、製菓の製造、販売経験のある長女の望さん(23)がランチ、スイーツなどを提供している。

 道場は、土曜柔道会の教室生が利用したり、海外からの合宿も受け入れている。発達障がい児のスポーツ指導者講習会や、ヨガ教室、マルシェなどの会場として利用されているほか、カフェスペースもお菓子作りやアクセサリー作りの会場として貸し出している。

最終更新:2019/12/6(金) 10:37
丹波新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事